妊娠線と間違えやすい正中線って?

MENU

まずは正中線について知ろう

11587779378191029816677ac1aeeec8_s.jpg

正中線って知っていますか?初めて聞いた人も多いのではないでしょうか?

 

この正中線とは、おへその上下に出来る茶色い線のことです。この正中線はとても厄介でいきなり出来ることが多いんです。

 

実は私も正中線があります。
気がつけばお腹に線が出来ていました。特に太っていたわけではないので何故出来たのか、まったくもって原因不明です。

 

■どうして、正中線ができるの?

woman_think.png

実は、正中線は産まれながらあるものなんです。
それが目立つか目立たないかの違いなんです。

 

この正中線が目立つか目立たないかは、ホルモンバランスが大きく関係します。
ホルモンバランスが崩れるとメラニン色素の分泌が多くなりその結果正中線が目立ってきてしまうのです。

 

妊娠中はホルモンバランスが崩れがちです。
その結果メラニン色素の分泌が多くなり、正中線が目立ってきてしまうのです。
妊娠と同じタイミングで出てくるために、正中線が妊娠線と勘違いされてしまうのです。

■正中線はきえる?

akachan_rinyusyoku.png

正中線はメラニンの分泌が正常になりさえすれば綺麗になります。
人によって差がありますが、半年〜1年もすれば大体消えるそうなんです。
子供を産んで1年は色々と大変です。
必死で子育てをしていて、気がついたら消えていたというのが多いです。

 

正中線が元々濃い人はどうすればいいの?

やっかいなのがコレ
正中線が元々濃い人(涙)

正中線は誰にでもあるものだと説明しましたが、色の濃さは人それぞれです。

 

1歳児を持つママの悩み

 

 

もともと、お腹にうっすら線はあったんだけど、あんまり気にしてなかったんですよね。
で、妊娠してせっせとクリームを塗って妊娠線ケアをしてました(笑)
妊娠中は自分の時間が沢山あったから、妊娠線ケアは全然苦になりませんでした♪

 

おかげで妊娠線は出来なかった。(イェイ)

 

だけども・・・ね。
なんか・・・・お腹の線が濃くなった気がするのよね(涙)
ちょっと!?どういうこと?
なんだか、顔のシミも濃くなった気がする・・・・
どうすりゃいいの(涙)
でも、子育てが忙しくてケアに時間なんてかけられませんよ(涙)

 

だって、洗面台にいると息子がよじ登ってくる!
化粧中も息子がよじ登って化粧品を投げる(笑)

 

どうすりゃいいの〜


 

 

本当に大変ですね(涙)

 

そんなアナタに朗報です♪

↓ここをClick!!↓

この記事を読んだ人は、この記事にも興味を持っています